がらくた、ごろごろ

アプデ・スナショ情報

Minecraft 23w04a

0
23w04a1.png
snapshot23w04aはバージョン1.19.4(1.20の実験的な内容含む)の2番目のスナップショットである。
公開日は2023年1月25日。


23w03a←Prev
Next→23w05a




主な変更点


・アイテムや防具のエンチャントのキラキラ視覚効果がより繊細になった





技術的な変更点


execute onrelationoriginが追加された
 ・飛び道具やアイテム、エフェクトクラウドを放った元のエンティティ、TNTに火をつけたエンティティ、ヴェックスや牙を召喚したエヴォーカーなどが対象





実験的な変更点


・アーマートリミングシステムが追加され、防具に飾りをつけ視覚的にカスタマイズできるようになった

・鍛冶テンプレートアイテムが追加された

・鍛冶台のUIが新しくなった

・ネザライト製のツールや防具の制作法が新しくなった


鍛冶テンプレートについて

23w04a2.png
・鍛冶台に新しく鍛冶テンプレートアイテムをセットするスロットが追加された

・鍛冶テンプレートは、アイテムをどう改造するかを定義する

・鍛冶テンプレートは使用すると消費される

・ダイヤモンド7個、テンプレートの種類ごとに異なるブロック、元の鍛冶テンプレートをクラフトすることでテンプレートを複製することができる


ネザライト装備について

・ネザライト装備の作成にネザライトアップグレード用鍛冶テンプレートが必要になった

・ネザライトアップグレード用鍛冶テンプレートは砦の遺跡の全てのチェストからランダムに見つかる
 ・砦の遺跡の宝物庫のチェストからは必ず見つかる

・複製にはネザーラックが要求される

・この変更にはいくつかの意図が含まれる
 ・ゲームプレイにおけるダイヤモンド装備の使用期間をより増やすため
 ・ネザライト装備の獲得をよりゲーム中の達成目標として相応しいものにするため
 ・新しい鍛冶台のシステムにネザライト装備のアップグレードを適合させるため


防具飾りについて

・鍛冶台と鍛冶テンプレート、対応する素材を使用し、防具に独特の飾りをつけることができるようになった
 ・革製以外の全ての防具を飾ることができる

・見た目が変わるのみであり、ゲームプレイに影響を及ぼすものではない

・飾りの模様にはいくつかのパターンがあり、色は使用した素材によって変化する
 ・使用できる素材は鉄、銅、金、ラピスラズリ、エメラルド、ダイヤモンド、ネザライト、レッドストーン、アメジスト、クオーツの10種
 ・元となっている防具と同じ素材は利用できなず、例えば、金装備に金素材の飾りをすることはできない
 ・ただし、ダイヤ装備にネザライトの飾りを施した上でアップグレードするとネザライトの飾り付きのネザライト装備を入手できる(意図された仕様?)

・アイテムアイコンでは飾りの素材による色の違いは反映されるが、模様のパターンによる見た目の違いはない
 ・飾りの詳細はツールチップで確認できる

・飾りの模様に対応する鍛冶テンプレートは各地の構造物で発見でき、それぞれユニークである※()内は複製の際要求されるブロック
 ・ピリジャーの前哨基地のチェスト - 兵士の飾り(丸石)
 ・砂漠の寺院のチェスト - 砂丘の飾り(砂岩)
 ・難破船のチェスト - 岸辺の飾り(丸石)
 ・ジャングルの寺院のチェスト - ワイルドな飾り(苔むした丸石)
 ・エルダーガーディアンのドロップ - 潮流の飾り(プリズマリン)
 ・古代都市のチェスト - 監獄の飾り(深層岩)
 ・森の洋館のチェスト - ヴェックスの飾り(丸石)
 ・ネザー要塞のチェスト - あばら骨の飾り(ネザーラック)
 ・砦の遺跡のチェスト - 豚鼻の飾り(ブラックストーン)
 ・要塞のチェスト - 目玉の飾り(エンドストーン)
 ・エンドシティのチェスト - 尖塔の飾り(プルプァブロック)





実験的で技術的な変更点


・テクスチャアトラス構成ファイルのsourceオブジェクトのタイプにpaletted_permutationsが追加された

・アーマートリミングシステムのため、trim_patterntrim_materialレジストリが追加された

・鍛冶台用のレシピファイルのタイプとしてsmithing_transformsmithing_trimが追加された

・鍛冶台が一時的に2つのメニュータイプを持つようになった
 ・古いメニュータイプは実験的機能が正式な機能になった際には削除予定

・アイテムのHideFlagsNBTに防具飾りのツールチップの表示を制御するフラグ(値は128)が追加された

trimmable_armortrim_materialstrim_templatesという3つのアイテムタグが追加された


テクスチャアトラス構成ファイルについて

paletted_permutationsはカラーパレットに基づき新しいテクスチャを動的に生成するために使用される

・カラーパレットはテクスチャの種類を全て用意することなく、テクスチャの色を交換できる

paletted_permutationstypeのほか、3つのキーを持つ
 ・textures - ベーステクスチャのパスのリスト(カラーパレットによる変更が適用されるテクスチャ)
 ・palette_key - 定義されたカラーパレットによって入れ替えたいベーステクスチャのピクセルの色を持つファイルを指定する
 ・permutations - 対応するカラーパレットファイルのパスを指定するコンパウンド
  ・キーの名前がスプライトIDの接尾辞になる

・ベーステクスチャファイルのパスの後ろにpermutationsで定義した接尾辞を加え、間を_で区切ったものがスプライトIDとして利用できる

・カラーパレットファイルはpalette_keyと同じピクセル数である必要がある

・カラーパレットファイルとpalette_keyのRGB値の比較によりマッチングが行われる
 ・不透明度はマッチングの際に無視されるが、結果のテクスチャには反映される


飾りの模様と素材について

・データパックにtrim_patterntrim_materialディレクトリが追加された

・これらはクライアントがサーバーに接続した時に同期されるが、リソースパックが用意されている必要がある
 ・trim_patternのjsonファイル名に基づき同じ名前空間内にスプライトIDを探す

trim_patternファイルには3つのキーがある
 ・asset_id - スプライトを探すための名前空間IDを指定する
 ・template_item - 飾りをつけるために必要な鍛冶テンプレートアイテムIDを指定する
 ・description - 防具の飾りについてのツールチップ表示に使用されるテキストコンポーネントを設定する

trim_materialファイルには5つのキーがある
 ・asset_name - スプライトIDの接尾辞の文字列を指定する
 ・ingredient - 飾りをつけるために必要な素材のアイテムIDを指定する
 ・item_model_index - アイテムモデルを変更するため、リソースパックのmodelファイル内で指定される浮動小数点数を設定する
 ・incompatible_armor_material - 任意であり、この素材を使用できない防具の素材を指定する
 ・description - 防具の飾りについてのツールチップ表示に使用されるテキストコンポーネントを設定する


レシピについて

smithing_transformは鍛冶台でのアイテムのアップグレードに使用され、typeのほかに3つのキーを持つ
 ・addition - 素材となるアイテムIDを指定する
 ・base - ベースとなるアイテムIDを指定する(完成品のアイテムにNBTが保持される)
 ・template - テンプレートとなるアイテムIDを指定する(最初にスロットに入れる必要がある)
 ・result - 完成品のアイテムIDを指定する

smithing_trimは鍛冶台での防具の飾りつけに使用され、typeのほかに2つのキーを持つ
 ・addition - 素材となるアイテムIDを指定する
 ・base - ベースとなるアイテムIDを指定する(完成品のアイテムにNBTが保持される)
 ・template - テンプレートとなるアイテムIDを指定する(最初にスロットに入れる必要がある)






修正されたバグ


・以下の4個のバグが修正された。






あとがき

見ざる言わざる


参考元:
Minecraft公式ブログ https://www.minecraft.net/article/minecraft-snapshot-23w04a





main

0 Comments

There are no comments yet.