がらくた、ごろごろ

アプデ・スナショ情報

Minecraft 22w46a

0
22w46a1.png
snapshot22w46aはバージョン1.19.3(1.20の実験的な内容含む)の5番目のスナップショットである。
公開日は2022年11月16日。

22w45a←Prev
Next→1.19.3 Pre1




主な変更点


22w46a2.png
・模様入りの本棚の好きな場所に本を入れることができるようになった
 ・ターゲットした位置に本を出し入れできる

・モブの頭を音符ブロックの上に設置し再生するとそのモブの音が鳴るようになった

・ピグリンの頭が追加された
 ・他のモブと同じく、帯電クリーパーの爆発で倒すとドロップする
 ・装備して歩いたりレッドストーン信号を送ると耳がぱたぱたする

・ネザーでウィザースケルトン、スケルトン、エンダーマンのスポーンできる光レベルが7以下になった

・竹ブロックと表皮を剥いだ竹ブロックの上面のテクスチャが新しくなった

・竹の板材のテクスチャの向きが他の板材に合うように変更された

・クリエイティブインベントリのレッドストーンタブの並びが変更された

・クリエイティブインベントリの道具と実用品タブのトロッコの前に線路が追加された





技術的な変更点


・エンダーマンの持つブロックのドロップがルートテーブルに依存するようになった

・翻訳ファイルやpack.mcmetaに、エスケープシーケンスを使用せず非ASCII文字を含めることができるようになった

・Telemetryに関する変更が行われた

fillbiomeコマンドが追加された

execute ifにバイオームを条件にする引数が追加された

・テクスチャの読み込みに関する変更が行われた

all_signsブロックタグが追加された

stripped_logsブロックタグが削除された

Telemetryについて

・このsnapshot以前から存在する、Minecraftのプレイ情報を収集し、Mojangに送信する機能の事
 ・収集されたデータはMinecraftをより良くするため活用される

・ゲームメニューにTelemetry Data Collection Screen(情報収集設定画面)が追加された
 ・送信されるデータの種類や内容が表示される
 ・送信する情報を任意のもの含めた全てにするか、必須のものだけの最小限にするか選択できる
 ・デフォルトでは送信される情報は最小限に設定されている

・送信されたデータのログが記録されるようになった
 ・ログは7日経過すると削除される
 ・ゲームディレクトリのlogs/telemetryに存在する
 ・Telemetry Data Collection Screenからファイルの場所を開くこともできる

Required Telemetry Event(必須情報送信イベント)について

・このsnapshot以前から存在したWorldLoadedの他に、WorldUnloadedが追加された

WorldLoaded
 ・ワールドを開いた時に送信される
 ・ユーザーやクライアントのID、ゲームモード、ゲームのバージョン等の情報が含まれる(詳細はゲーム内で確認できる)
 ・クライアントのJavaのバージョン情報が収集されなくなった

WorldUnloaded
 ・ワールドを閉じたときに送信される
 ・ユーザーやクライアントのID、ロードしてからの時間、ゲームのバージョン等の情報が含まれる(詳細はゲーム内で確認できる)

Optional Telemetry Event(任意情報送信イベント)について

・新たに追加された、Telemetry Data Collection Screenで送信の可否を選択できる情報送信イベント
 ・PerformanceMetricsWorldLoadTimesの二つがある

PerformanceMetrics
 ・ユーザー、クライアントのID等や、パフォーマンスに関する情報が含まれる(詳細はゲーム内で確認できる)

WorldLoadTimes
 ・ユーザー、クライアントのID等や、ワールドのロードにかかった時間の情報が含まれる(詳細はゲーム内で確認できる)

fillbiomeコマンドについて

fillbiome <from> <to> <biome>のように記述する
 ・<from><to>はそれぞれ範囲の始点と終点の座標を指定する
 ・<biome>には変更したいバイオームを指定する

・変更したバイオームは即時反映される

・バイオームはブロック単位で保存されないため、指定した座標とややずれる場合がある

テクスチャの読み込みに関する変更について

・パフォーマンス向上のため、ブロックとアイテムのテクスチャがモデルによる処理の前にロードされるようになった

・デフォルトではtextures/itemおよびtextures/blockにないテクスチャは自動的に読み込まれないようになった

・リソースパックにatlasesディレクトリが追加された

・モデルファイルのtextureがatlasesで定義されたスプライトIDを参照するようになった

テクスチャアトラス構成ファイルについて

・atlasesディレクトリには、テクスチャアトラスを構成するため以下の10のjsonファイルが存在する
 ・blocks - ブロックとアイテム
 ・banner_patternsbedschestsshield_patternsshulker_boxessigns - 特殊なモデルを持つもの
 ・mob_effects - エフェクト効果のアイコン
 ・paintings - 絵画
 ・particles - パーティクル

・複数のリソースパックに含まれている場合、パックの順番に従い統合される

・ファイルの中には、sourcesという1つのリストを持つキーがある
 ・sources内のエントリは定義順に実行され、テクスチャリストにファイルを追加したり削除したりする

・sourcesオブジェクトのタイプには以下の4つが存在する

directory - ディレクトリとそのサブディレクトリにあるすべてのファイルをリストアップする
 ・typeのほか、2つのキーを持つ
 ・sources - ディレクトリのパスを指定する
 ・prefix - ロード時のスプライトIDの接頭辞を設定する

single - 単一のファイルを追加する
 ・typeのほか、2つのキーを持つ
 ・resource - ファイルのパスを指定する
 ・sprite - スプライトIDを設定でき、設定しないとresourceになる

filter - 当てはまるスプライトを削除する
 ・typeのほか、2つのキーを持つ
 ・namespacepath - 削除するスプライトIDを正規表現で設定でき、設定しないと任意の値に当てはまる

unstitch - ファイルの画像の一部を追加する
 ・typeのほか、4つのキーを持つ
 ・resource - ファイルのパスを指定する
 ・divisor_xdivisor_y - regionsで指定する値の単位を決める(元の画像サイズを指定しておけばよし)
 ・regions - 元の画像からコピーする内容のリスト
 ・regions内のオブジェクトには以下の5つのキーが必要
 ・sprite - スプライトIDを設定する
 ・xy - 範囲の始点を指定する
 ・widthheight - 範囲を指定する





修正されたバグ


・以下の45個のバグが修正された。






あとがき

盛沢山だよ!!


参考元:
Minecraft公式ブログ https://www.minecraft.net/ja-jp/article/minecraft-snapshot-22w46a




main

0 Comments

There are no comments yet.